企業に必須となるマイナンバーソリューション

2016年からマイナンバー制度が施行されました。

企業では従業員や扶養家族、取引先や株主など、さまざまな関係者のマイナンバーを取得し、適切に保管・管理し、必要書類や帳票に記載しなければなりません。

こうした制度に適応したソリューションが求められています。
マイナンバー管理ソリューションに最も重要なのは、個人情報の漏洩防止と言えます。

本物のビジネスジャーナルのお役立ち情報はこちらのサイトです。

万が一にも漏洩事故があれば、企業の信頼性を大きく揺るがすことになります。
内閣府のガイドラインに示された安全管理措置に従って、情報の適正管理を徹底しなければなりません。



外部からの不正侵入やウイルス対策はもちろん、認証システムや暗号化の方法には注意を払い、不要となったデータは即時廃棄する必要があります。

マイナンバーのソリューションの情報なら当サイトにお任せ下さい。

また目的外利用を防ぐため、データの紐付けをどうするかも問題のひとつです。

マイナンバーの収集方法や利用方法に関するソリューションも重要となります。

数が多い場合は収集の効率化を図るため、本人確認書類をスマートフォンからアップロードするという方法もあります。

また人事給与システムやワークフローシステムと関係づけることで、事務作業の工数を大幅に削減できます。


ただし別のシステムにデータが残り、不正利用されることがないよう、システム設計には万全の対策を施さねばなりません。

マイナンバーは将来的に利用範囲が拡大される可能性もあるため、これに対応できるソリューションが望ましいと言えます。